スポーツフォン

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです! スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。  プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです!
スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。 
プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

タグ:西武ライオンズ



1 名無し募集中。。。 :2022/10/10(月) 05:34:51.87
西武・森 FA行使濃厚 地元・大阪に本拠のオリックス獲得調査 争奪戦必至に
https://news.yahoo.co.jp/articles/0288499e82e5195fd3e088bb1f919dfcf403dcd0

参考

24 読売 獲得 28 移籍 8 帰国 4
8 福岡 獲得 14 移籍 12 帰国 6
8 阪神 獲得 12 移籍 10 帰国 6
8 楽天 獲得 5 移籍 4 帰国 7
2 大阪 獲得 6 移籍 12 帰国 8
1 横浜 獲得 9 移籍 11 帰国 3
0 東京 獲得 4 移籍 8 帰国 4
-1 千葉 獲得 5 移籍 9 帰国 3
-2 中日 獲得 7 移籍 10 帰国 1
-6 広島 獲得 0 移籍 9 帰国 3
-7 北海 獲得 2 移籍 14 帰国 5
-16 西武 獲得 3 移籍 19 帰国 0

続きを読む



(出典 hochi.news)


巨漢な選手がこれだけ揃っているチームはない。正直バッターボックスに立っているだけでわくわく感はある。
これぞ個性派西部ライオンズの色ですね。 
個人的におかわり君(中村)とアグー(山川)によくばり君(渡部)の超重量クリーンナップトリオが見てみたい!

1 代打名無し@実況は野球ch板で :2021/01/06(水) 22:02:40.89 ID:yL461wzr.net

中村剛也、山川穂高、森友哉、平良海馬、そして昨年ドラ1の渡部健人。
西武ライオンズの選手はデブばっかりw
西武はプロ野球チームから相撲部屋になりつつある?


続きを読む


「西武が大好き」岡田 宣言残留濃厚 国内FA権取得も

 今年6月に国内FA権の取得条件を満たした西武の岡田雅利捕手(32)が残留することが9日、分かった。権利を行使しての「宣言残留」が濃厚だ。  岡田は…
(出典:スポニチアネックス)



続きを読む



(出典 static.tokyo-np.co.jp)



1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/11/02(火) 21:43:54.46 ID:zyZ40HHq0.net BE:646880249-2BP(2000)


(出典 img.5ch.net)

「5球しか投げていないのに、翌朝は腕も肩も背中も強張って起き上がれなかった 」 “平成の怪物”松坂大輔が語った、引退試合を行うことが“嫌だった”理由

https://news.yahoo.co.jp/articles/7db6e7d1cd7ac339d335dc5ebaf40bf05dc9e6c8

 “平成の怪物”、松坂大輔氏(41)が23年間の現役生活にピリオドを
打った。1998年に横浜高校で春夏甲子園連覇を達成し、ドラフト1位で
翌99年に西武に入団。2006年オフにボストン・レッドソックスに移籍し、
07年にはワールドシリーズで日本選手として初勝利を挙げチームを
優勝に導くなど、日米通算170勝という華々しい成績を残した。

続きはウェブで


続きを読む



(出典 tc-baseballchannel.techorus-cdn.com)



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/19(火) 14:13:32.43

10/19(火) 14:00配信
デイリースポーツ

 西武・松坂

 西武の松坂大輔投手が19日、埼玉県所沢市内で引退会見を行った。時折目を潤ませ、言葉につまらせながら、思いを語った。松坂は20年7月に右腕のしびれを訴え、脊椎内視鏡頚椎手術受けて、シーズン中の登板はなし。今季も右手のしびれの影響から実戦登板のないまま7月7日に現役引退を発表していた。

 「本日はお忙しい中、ありがとうございます。今シーズンをもちまして引退することを、ここにご報告させていただきます。よろしくお願いいたします」そうあいさつして、引退会見はスタートした。

 引退に至った経緯を明かした。

「昨年の初めに右腕のしびれが強く出るようになって、その中でも何とか投げることができたんですけど、コロナ禍の中で緊急事態宣言になり、練習も治療もままならない中で、症状が悪化して、できれば手術は受けたくなかったんですけど、本当にほぼ毎日のように背中、首の痛みや腕のしびれで寝られないという日が続いて、精神的に参ってしまって手術を決断したんですけど、これまで時間をかけてリハビリもしてきましたけど、なかなか症状が回復しなかった」。

 それでも、復帰に向けて調整を続けてきた。

 「もうそろそろ打撃投手をやって、ファームの試合にも投げられそうだなというところまで来たんですけど、その話をした矢先にブルペンの投球練習の中で、何の前触れもなく右打者の頭の方にボールが抜けたので、それもとんでもない抜け方をしたので」

 「そういう時、ピッチャーって抜けてるなと思ったら指先の間隔で引っかけたりするんですけど、それができないぐらいの抜け方。そのたった1球でボールを投げるのが怖くなった。そんな経験がなかったので、自分の中でもショックがすごくあって」

 「松井2軍監督にも相談して、ちょっと時間をくださいと時間をもらった。時間をもらったんですけど右手のしびれは症状が改善しなかったので、もうこれは投げるのは無理だなと。やめなきゃいけないなと」

 右腕のしびれに悩まされ続けた2年間。もう投げるのは無理-。“平成の怪物”が引退の決断に至った。

 ◆松坂 大輔(まつざか・だいすけ)1980年9月13日生まれ、37歳。東京都出身。183センチ、93キロ。右投げ右打ち。投手。背番号18。今季推定年俸4億円。横浜高時代の98年春夏全国制覇。同年度ドラフト1位で西武入団。99年4月7日・日本ハム戦(東京ドーム)でプロ初登板初先発初勝利。最優秀防御率2回、最多勝3回、最多奪三振4回、新人王、沢村賞、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞7回。2007年にポスティングシステムでレッドソックス移籍。13年途中からのメッツを経て、15年にソフトバンクで日本球界復帰。06・09年WBC日本代表(いずれもMVP)。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a4883c332e8527d8aa7a23408ab3e2bd69faf78e


続きを読む

↑このページのトップヘ