スポーツフォン

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです! スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。  プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです!
スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。 
プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

カテゴリ: サッカー 



1 ゴアマガラ ★ :2022/10/24(月) 19:32:15.98ID:oX8htbtQ9
デ・ブライネらとともにランクイン
世界はフランクフルトでプレイする日本代表MF鎌田大地をワールドクラスのMFと認め始めている。

その才能を高く評価したのは、英『FourFourTwo』だ。

同メディアは各ポジション別に『現世界TOP10ランキング』なるものを作成しており、先日『現世界攻撃的MFランキングTOP10』を発表。この10位に鎌田がランクインしているのだ。

クレバーなチャンスメイカーと評されている鎌田。それより上にランクインした9人は、いずれも世界的に有名なチャンスメイカーばかりだ。

10位:鎌田大地(フランクフルト)

9位:ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)

8位:メイソン・マウント(チェルシー)

7位:ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)

6位:クリストファー・エンクンク(ライプツィヒ)

5位:ジャマール・ムシアラ(バイエルン)

4位:マルティン・ウーデゴー(アーセナル)

3位:ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)

2位:ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ)

1位:ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)

ドイツ・ブンデスリーガからはエンクンク、ムシアラ、そして鎌田の3人がランクインしており、単純に考えるなら今の鎌田はブンデスリーガTOP3に入る攻撃的MFということになる。
どの選手を攻撃的MFと分類するかは人によって意見が分かれるだろうが、いずれにしても鎌田が高い評価を得ているのは確かだ。

今季ここまでブンデスリーガでは6ゴール2アシストを記録しており、昨季はヨーロッパリーグ制覇にも大きく貢献した。そろそろ世界も鎌田をワールドクラスのMFと認めるべきタイミングなのだろう。
https://www.theworldmagazine.jp/20221023/01world/germany/364054

(出典 www.theworldmagazine.jp)

続きを読む


中村 俊輔(なかむら しゅんすけ、1978年6月24日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身の元プロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。 2000年と2013年にJリーグMVPを獲得。Jリーグ史上初のMVP複数回受賞者。ほかにアジアカップ2004MVP、2006-07スコティッ…
81キロバイト (9,519 語) - 2022年10月25日 (火) 01:30

1 名無しが急に来たので :2021/08/12(木) 15:14:46.56ID:mdHguFCZ
俊輔の功績を語り尽くす

・世界最高リーグのプレミアリーグで活躍
・アジア人初のリーグMVP受賞
・強豪セルティックに移籍
・天王山で活躍、日本人唯一のプレミアリーグ優勝
・レッジーナで10番を背負った初の日本人
・欧州1部リーグ日本人選手初のハットトリック
・日本人選手初のCL決勝トーナメント進出
・セルティック退団後に欧州14クラブからオファー
・2003コンフェデ杯ブロンズボール

続きを読む



1 ゴアマガラ ★ :2022/10/26(水) 19:20:27.52ID:GjcanlCP9
DeNAは26日、この日開催した取締役会でJ3・SC相模原を運営するスポーツクラブ相模原の発行済株式の74・2%を追加取得することを決定したと発表した。

これにより同社が保有する株式は93・2%となり、スポーツクラブ相模原はDeNAの連結子会社となるという。追加取得はJリーグのチェアマンの承認を経て、11月2日に正式決定となる見込みで、株式取得日は来年2月1日を予定している。

 クラブ名は連結子会社化後もSC相模原を使用する。

連結子会社化に伴い、現在、DeNAスポーツ事業本部戦略部長の西谷義久氏が代表取締役社長に就任予定。現在の小西展臣社長は取締役に就任し、望月重良会長は取締役を退任するが、創業者兼フェローとして経営陣へのアドバイスなどクラブを支援していく。

DeNAは21年4月からSC相模原への協賛を開始し、株式19%を取得。経営参画していた。株式の追加取得に至った経緯については「望月氏と協議を重ね、今後クラブがJ2、J1へと昇格しながら地域貢献を拡大していくためには、DeNAの経営関与をより高めていく必要があるとの考えに共に至りました」と説明。
「DeNAは、これまでクラブが15年間にわたって地域や行政、クラブに関わる全ての人々とともに培い育んできた歴史や関わりを尊重しながら、SC相模原が原動力となって街をさらに活気づけていくために全力を尽くしたいと考えています」と、展望をつづった。

https://www.daily.co.jp/soccer/2022/10/26/0015754991.shtml?pg=2

続きを読む


鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県伊予市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。ポジションはミッドフィールダー。日本代表。 ベガルタ仙台所属の鎌田大夢は実弟。 「キッズFC」(現・FCゼブラキッズ)でサッカーを始めた。2009年のJOMOカップ、U13…
23キロバイト (2,357 語) - 2022年10月24日 (月) 13:12

1 それでも動く名無し :2022/10/27(木) 11:42:02.34ID:/FsMp2Jf0
争奪戦なるやろコイツ

続きを読む



1 久太郎 ★ :2022/10/23(日) 23:57:55.24ID:tkNuBF769
2試合出場停止処分を受けていた伊東が復帰戦で強烈な存在感
フランス1部スタッド・ランスは、現地時間10月23日のリーグ・アン第12節でオセールと対戦。2試合出場停止処分を受けていた日本代表MF伊東純也がスタメンに復帰したなか、終了間際に決勝ゴールを決めて今季4ゴール目を挙げ、チームの2-1勝利に大きく貢献した。

 伊東は、今月2日の第9節トロワ戦(2-2)で今季3ゴール目を決めた一方、直後のタックルにより一発退場。パリ・サンジェルマン戦(0-0)、ロリアン戦(0-0)を欠場していたなか、処分が明けたオセール戦で復帰した。

 試合は前半28分にFWファラリン・バログンのゴールでランスが先制するも、直後の同33分にFWエムベイェ・ニアンに決められて1-1の振り出しに戻る。同37分には相手のミスパスからボールを奪った伊東がそのままミドルシュートを放つも、相手GKのビッグセーブに阻まれてゴールはならなかった。

 後半にも伊東は右サイドから積極的に仕掛ける姿勢を見せ、ドリブルからカットインで切り込み左足でシュートを放てば、クロスを送り込んでチャンスを演出するもゴールには至らない。
 
 ドラマが待っていたのは終了間際の後半42分だった。左サイドからのクロスを相手GKがはじき、そのこぼれ球に伊東が反応。冷静に流し込んで決勝ゴールを奪い、試合もそのままランスが2-1と勝利した。伊東が復帰戦で決勝ゴールを叩き込み、今季4ゴール目で存在感を示す形となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dda0ba03d62d4a60a846aa247eb4d1569f556d4f

続きを読む

↑このページのトップヘ