スポーツフォン

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです! スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。  プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです!
スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。 
プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

カテゴリ: サッカー 



1 ゴアマガラ ★ :2022/10/30(日) 03:44:07.40ID:FeTeILy09
[10.29 ブンデスリーガ第12節 フランクフルト 1-2 ドルトムント]

 ブンデスリーガは29日、第12節を各地で行い、DF長谷部誠とMF鎌田大地所属のフランクフルトがドルトムントに1-2で敗れた。0-1で迎えた前半26分に鎌田が今季7点目となるゴールを決め、
同点に追いついたが、後半に再び突き放され、連勝が2でストップ。長谷部は負傷離脱中のためメンバーを外れた。

試合前時点では勝ち点20で4位のフランクフルトと、同19で5位のドルトムントによる上位対決。まずは前半20分、ドルトムントが左サイドを攻め上がったMFドニエル・マーレンからのクロスを収めたMFユリアン・ブラントが右足で突き刺し、先制点を奪った。

それでも前半26分、フランクフルトは前線でFWランダル・コロ・ムアニがボールをキープし、ドリブルで持ち上がりながらバイタルエリアで優しいパスを送ると、ボランチの位置から反応したのが鎌田。ペナルティエリア外から右足を振り抜き、豪快なグラウンダーシュートをゴール左隅に突き刺した。

鎌田はこれでブンデスリーガ7得点目。シャドーだけでなくボランチのポジションを担っている中、9ゴールで得点ランキング首位のFWニクラス・フュルクルク(ブレーメン)とFWクリストファー・エンクンク(ライプツィヒ)、
8ゴールで3位のFWマルクス・テュラム(ボルシアMG)に続き、FWジャマル・ムシアラ(バイエルン)と並んで4位につけている。

試合はそのまま後半へ。フランクフルトは何度も決定機を迎えたが、ことごとくGKグレゴール・コベルに阻まれ、追加点を奪うことができない。
すると同7分、ドルトムントはFWユスファ・ムココとのワンツーでエリア内に侵入したMFジュード・ベリンガムが左足で決め、再びリードを奪った。

 その後は拮抗した展開が続く中、鎌田は後半39分にFWラファエル・サントス・ボレと交代。終盤にはフランクフルトがパワープレーを仕掛けたが、最後までゴールを奪うことはできず、上位対決に敗れた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc0a5515e18f8992c9cd4f69107384dad4353dff

続きを読む



1 久太郎 ★ :2022/10/29(土) 17:11:39.93ID:bpbanH+h9
<明治安田生命J1:G大阪2-0磐田>◇第33節◇29日◇パナスタ

 引き分け以下でJ2降格が決まる状況だった最下位のジュビロ磐田はガンバ大阪との対戦で白星を逃し、1試合を残して来季のJ2降格が決まった。

 3年ぶりにJ1へ復帰した今季の磐田は伊藤彰監督(現J2仙台監督)を新たに迎えたが、昨季J2得点王のFWルキアンが福岡に移籍。7月には4試合連続無得点での4連敗を喫するなど最下位に転落した。

 8月13日のホーム浦和戦では0-6で大敗。クラブワースト記録となる6点差での敗戦が決定打となり、伊藤監督は解任された。

 その後は渋谷洋樹ヘッドコーチが監督に昇格して立て直しを図ったが、8試合でわずか1勝にとどまり、1年でJ2に逆戻りとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d9baddba604e5b84e361f533d51eae5b347188db

続きを読む



1 ひかり ★ :2022/10/28(金) 20:28:39.43ID:w6p26wh89
プロ野球・阪神はアルカンタラ投手、ガンケル投手、ウィルカーソン投手、マルテ選手、ロドリゲス選手、ロハス・ジュニア選手の6選手と来季の契約を結ばないことを発表しました。

アルカンタラ投手は39試合に登板し、17ホールドを挙げるも防御率は4.70でした。推定年俸2億1000万円。

ガンケル投手は先発投手として16試合に登板しましたが、8月14日を最後に1軍登板はなし。防御率は2.73も5勝でシーズンを終えました。推定年俸1億7000万円。

ウィルカーソン投手は14試合に先発。5勝で防御率は4.08。加入1年でチームを離れることになりました。推定年俸7280万円。

4年目のマルテ選手は、ケガでシーズン序盤で離脱。その後何度か一軍復帰するもわずか33試合の出場にとどまりホームランはわずか1本でした。推定年俸1億9300万円。

ロドリゲス選手はシーズン中に加入。加入時は勝負強いバッティングを見せていましたが、その後は結果を残せず、24試合で打率.154でした。推定年俸25万ドル(3680万円)

長打が期待されたロハス・ジュニア選手でしたが、2年目のシーズンも二桁ホームランには届かず、(21年8本、22年9本)打率は.224でした。推定年俸2億5750万円

6人の総額年俸は7億3010万円となっています。

2022年シーズン終了時7人いた外国人選手のうち、6選手が退団となったため、残る外国人選手はケラー投手のみとなっています。

日テレ

https://news.yahoo.co.jp/articles/15e8087e220ecaed6acb2b924af024b1f7170f75

続きを読む



1 風吹けば名無し :2022/10/28(金) 14:12:36.36ID:c+YoGKl60
柴崎岳
田中碧
南野拓実
吉田麻也
古橋

続きを読む



1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2022/05/19(木) 14:25:16.38ID:Ew/QoW3k0
欧州5大リーグ 2021-22

ソン・フンミン(トッテナム/韓国) 34試合21ゴール7アシスト
ファン・ウィジョ(ボルドー/韓国) 31試合11ゴール1アシスト
奥川雅也(ビーレフェルト) 33試合8ゴール1アシスト
チョン・ウヨン(フライブルク/韓国) 32試合5ゴール2アシスト
ファン・ヒチャン(ウルヴァーハンプトン/韓国) 29試合5ゴール1アシスト
イ・ジェソン(マインツ/韓国) 27試合4ゴール3アシスト
鎌田大地(フランクフルト) 32試合4ゴール3アシスト
遠藤航(シュツットガルト) 33試合4ゴール2アシスト
浅野拓磨(ボーフム) 27試合3ゴール4アシスト
原口元気(ウニオン・ベルリン) 30試合2ゴール6アシスト

続きを読む

↑このページのトップヘ