スポーツフォン

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです! スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。  プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

スマートフォンでスポーツ紙感覚で見れるブログです!
スポーツに関わる内容を中心に記事を上げていきます。 
プロ野球(広島カープより)サッカー、格闘技等様々なスポーツはもちろん芸能情報も取り入れています。広島カープコラムやおすすめスポ根漫画等々色々企画しております。 

カテゴリ: サッカー 



1 ゴアマガラ ★ :2022/11/01(火) 08:55:18.66ID:yXg3iavU9
「ガラタサライにとって、ヴィッセルはただの外国のクラブではない」

ヴィッセル神戸が新たな大物選手の獲得に動いているようだ。

 トルコメディア『EN SON HABER』は10月31日、「ガラタサライのスター選手、ドリース・メルテンスが日本の巨人、ヴィッセル神戸のターゲットであることがわかった」と報じた。

現在35歳のメルテンスは、テクニックに長けた170センチ小兵アタッカーだ。PSVではサイドアタッカーのイメージが強かったが、ナポリ時代にマウリツィオ・サッリ監督の下でCFに起用され、その得点力が開花。クラブ記録となるセリエA 113ゴールをマークした。

今夏にそのナポリを退団し、トルコの強豪ガラタサライに移籍。ここまで10試合で・1ゴールを挙げている。

 記事は、「ガラタサライと1年+1年の延長オプション契約を結んだベルギー人選手は、このオファーを評価したいと考えていることがわかり、早ければシーズン終了後にガラタサライが手放すとのニュースもある」と伝えている。

また、同じくトルコの『Milliyet』は「ヴィッセル神戸は、ベルギーのFWを熱望している」と報道。「ベルギーのスターに1年で300万ユーロ(約4億3500万円)の2年契約という魅力的なオファーをしたとされる」と伝えている。

「シーズン終了時に36歳になるメルテンスについて、ガラタサライの経営陣は、オプション権を行使せずに、選手の移籍を許可すると言われている」

同メディアは、「ヴィッセル神戸はガラタサライにとって、ただの外国のクラブではない。この日本のクラブは2017年にガラタサライからルーカス・ポドルスキを獲得し、この移籍の見返りに260万ユーロがガラタサライに支払われたのだ」と続けている。

果たしてこの移籍は成立するのか。大いに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=119566

(出典 soccerdigestweb.thedigestweb.com)

続きを読む



1 首都圏の虎 ★ :2022/11/01(火) 15:14:28.22ID:PgNiwqYe9
11月に開幕するカタール・ワールドカップに出場する日本代表の登録メンバーが11月1日、都内ホテルで森保一監督から発表された。


 メンバーには主将としてチームを牽引してきたDF吉田麻也のほか、GK権田修一(清水)、DF冨安健洋(アーセナル)、酒井宏樹(浦和)、MF遠藤航(シュツットガルト)、伊東純也(ランス)、鎌田大地(フランクフルト)
)、三笘薫(ブライトン)、FW久保建英(レアル・ソシエダ)などが順当に選出された。

 日本代表メンバーの発表は、SNSでも大きな話題となり、ツイッターのトレンドワードでも「サッカー日本代表」が即座に1位となった。また監督の「森保さん」が3位、落選した2選手である「古橋と旗手」も4位に入った。

 ツイッター上では、森保監督の選考メンバーに様々な意見が寄せられているが、サッカー日本代表アカウントのコメント欄には、選考メンバーへの賛否(主に批判的な意見)とともに、以下のような落選したメンバーに同情するコメントなどが綴られている。

「まぁそりゃこの選出は批判呼ぶよ あとは結果出せたらいいねって感じか」
「旗手、古橋いないのかよ」
「古橋いないかー残念」
「冨安と伊藤呼ばれるタイミング遅すぎて焦った」
「これまでずっと大迫呼んでたのに急に呼ばないんですか? なら大迫呼んでたあの約3年間何やったん?」
「原口落選ってマジかよ...」
「柴崎、浅野、南野、、、2026年に向けて頑張ろう」
「ドイツ暫定首位に所属する選手呼ばなくて ドイツ相手にグループ予選戦うのか、、、」
「大迫おらんけど、誰が前で収めれるん??」

 カタールW杯グループリーグで、森保ジャパンは11月23日(水)22時にドイツ戦、同27日(日)19時にコスタリカ戦、12月1日(木)28時にスペイン戦に臨むが、果たして目標とする史上初のベスト8進出を成し遂げられるか。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/f19673fb16241d032adfbd2f98afb6db8da2c648

続きを読む


【サッカー日本代表発表】大迫勇也外れる!怪我明けの浅野、板倉が選出!!


久保、三笘、長友らW杯メンバー26人が決定 サッカー日本代表
 日本サッカー協会は1日、ワールドカップ(W杯)カタール大会(20日開幕)に臨む日本代表選手26人を発表した。  アジア最終予選で主力を担った主将の…
(出典:毎日新聞)



続きを読む



1 ゴアマガラ ★ :2022/10/30(日) 21:56:03.21ID:FeTeILy09
サッカー元日本代表FWの城彰二氏(47)が2022年10月26日にユーチューブチャンネルを更新し、11月に開催されるワールドカップ(W杯)カタール大会の日本代表メンバー26人を予想した。メンバーは11月1日に発表される。

■「吉田と冨安のセンターは固い」

 動画では城氏がGK、DF、MF、FWの順でメンバーを予想。GKは権田修一(33)、シュミット・ダニエル(30)、谷晃生(21)の3人を選出し、3度のW杯出場経験を持つベテランの川島永嗣(39)が外れると予想した。

城氏は「川島選手は精神的支柱だし色々と経験値は高いけど権田選手も30歳を超えていて別に精神的支柱は必要ないなと思うと、雰囲気だったり今後の事を考えるとダニエル選手を入れた方が絶対にいい」と川島をメンバーから外した理由を説明した。

カタール大会はDFの負担が大きいとの見解を示した城氏は、主将・吉田麻也(34)をはじめ酒井宏樹(32)、冨安健洋(23)、長友佑都(36)、谷口彰悟(31)、伊藤洋輝(23)、山根視来(28)、中山雄太(25)、板倉滉(25)ら9人を選出した。

城氏は「センターも替えが必要だし色々バックアップを考えると結構人数が多くいないときついかなと」とし、「吉田と冨安のセンターは固いと思う。でもケガとか体調とか色々あるから谷口と伊藤をしっかりとバックアップに入れてとか。
サイドは山根、中山もいるし。このあたりもバックアップでいいという気がする」と分析した。

MFは遠藤航(29)、守田英正(27)、伊東純也(29)、鎌田大地(26)、久保建英(21)、堂安律(24)、旗手怜央(24)、田中碧(24)、相馬勇紀(25)、三笘薫(25)らを選出。南野拓実(27)、原口元気(31)、柴崎岳(30)は外れると予想した。

「大迫はコンディションが悪くても入れた方がいい」

 城氏は南野に関して「ペナルティーエリアの中での仕事でキレキレの時代をよく知っているし、彼を残してもいいかなと思ったんだけれども今のパフォーマンスを考えるとちょっと他のほうが可能性があるのかなという気がする。
なのであえて外しました。もっと頑張れという意味合いで」と説明し、原口にも言及した。

「4-2-3-1が基本になってくると思う。それか一番最初に戻して4-3-3という形でやるのか。4-3-3だと左右で原口選手を使うことができるけど、4-2-3-1のベースで考えるとダブルボランチを敷かなきゃいけない。そうなると原口選手はここで必要ないんじゃないかと思うわけ」

 FWに関してはコンディション不良のため代表から離れている大迫勇也(32)の必要性を主張し、上田綺世(24)、前田大然(25)、浅野拓磨(27)らを選出した。

全文はソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ab16873a39c64a13965621f305054c13c3f3606

続きを読む



1 久太郎 ★ :2022/10/30(日) 00:56:05.18ID:5p5tg9Wm9
現地時間10月29日に開催されたプレミアリーグ第14節で、三笘薫の所属する9位のブライトンは、5位のチェルシーとホームで対戦。直近2戦は足首の故障で欠場していた三笘が、リーグ戦では初めて先発に名を連ねた。

【動画】キレキレのドリブルで相手を手玉→完璧なラストパス!三笘の鮮烈な初アシストをチェック
https://twitter.com/ABEMA/status/1586361698713145344?ref_src=twsrc%5Etfw

 左サイドハーフに入った背番号22は開始5分、いきなりスタメン抜擢に応える。ゴール前でボールを持つと、キレキレのドリブルでペナルティエリア内に侵入し、相手の間を抜く絶妙なラストパス。受けたトロサールがGKケパを冷静にかわした後、左足で叩き込み、鮮やかに先制点を奪った。三笘はこれが加入後初アシストとなった。
 
 さらに14分にはマーチが蹴ったいやらしいCKが、ロスタク=チークのオウンゴールを誘発。リードを広げると42分にも、三笘も絡んだ攻撃からエストゥピニャンが放ったシュートが、チャロバーに当たってゴールイン。
 
 3―0で折り返すが、後半開始直後の48分にギャラガーのクロスから、ハベルツにヘッドで1点を返される。

 その1分後には三笘が左サイドを完全に崩し、クロスを送り込むも、得点には繋がらない。存在感を発揮した日本代表MFは73分にランプティと代わり、お役御免に。交代のアナウンスが流れた際には、スタンドのホームサポーターから惜しみない拍手が送られた。

 その後、後半アディショナルタイムにグロスがダメ押し点を挙げたブライトンは、4ー1で快勝。デ・ゼルビ体制6試合にして、待望の初勝利を掴んだ。一方、チェルシーは今シーズン途中までブライトンで指揮を執っていたポッター監督が就任以降、初黒星となった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/35ae28795dac1060c0c487d66c27161c7b782746
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

↑このページのトップヘ